こんばんは。
ここへ来てくださり、
本当にありがとうございます。

更新の励みになりますので、こちらのバナーを
押して応援よろしくお願いします(^^♪
   ↓  ↓  ↓  

レシピブログに参加中♪





新学期、新年度が始まり新しい環境に慣れるのも大変ですよね。


大変と言えば、お弁当作りでしょうか?
慣れないお弁当作りを、始められたお母さんにとって、
栄養面や衛生面、献立などで悩まれているかと思います。


朝の忙しい時間に、1から作るとなれば本当に時間が掛かり、
それが毎日だと楽しいはずのお弁当作りも
ストレスになってしまっては悲しいのですね。



そこで今日は、作りおきを活用して、
簡単に作れるお弁当作りの為のおかずを
ピックアップしてみましたので、参考にして頂けると幸いです。


今回は副菜で緑のおかずになります。

Cpicon ピーマンと竹輪の生姜炒め【作りおき】 by 鈴木美鈴

Cpicon キャベツとカニかまサラダ【作りおき】 by 鈴木美鈴

Cpicon 春菊のナムル【作りおき】 by 鈴木美鈴

Cpicon ほうれん草の生姜ゴマ和え by 鈴木美鈴

Cpicon ブロッコリーとかぼちゃのツナサラダ by 鈴木美鈴

Cpicon 小松菜の浅漬け【作りおき】 by 鈴木美鈴

Cpicon 豆苗のガーリック炒め【作りおき】 by 鈴木美鈴

Cpicon 減塩ほうれん草のおかか煮浸し【作りおき】 by 鈴木美鈴

Cpicon キャベツのはちみつマリネ【作りおき】 by 鈴木美鈴

Cpicon ピーマンと竹輪の味噌炒め【作りおき】 by 鈴木美鈴

Cpicon ブロッコリーとじゃこの和え物【作りおき】 by 鈴木美鈴

Cpicon 菜の花と新玉ねぎの和え物 by 鈴木美鈴



8ce9fac9a21cd5e18f1b0a50012db639-horz

4a85dad60a91fa29885efd7c4c581919-horz


お弁当おかずにもなるレシピも満載
 ↓    ↓


【お弁当作りの食中毒予防】
①水分を出さない
(水分が出ておかずやご飯に付くと、菌が繁殖しやすくなります)
★汁気のあるおかずは、
キッチンペーパーの上にしばらく置いて水分を吸収させてから詰めます。

★お弁当用のカップを使用して、水分が他のおかずに付かないようにします。

★かつお節、すりごま、とろろ昆布など
水分を吸収してくれる食材を使うと効果的です。


②ご飯もおかずも、必ず冷めてから詰める

★温かいままお弁当箱に詰めて蓋をすると、蓋に水滴がつき、
その水滴が落ちて、詰めたおかずやご飯につき菌が繁殖します


③菌をよせつけない

★詰めるまえに、食品についても大丈夫な抗菌、
殺菌スプレーをお弁当箱に吹きかける。
(ちなみに私は、作りおきを保存する容器と
お弁当箱に詰める時に、こちらのスプレーを使用しています)
ドーバー パストリーゼ77 500ml(スプレーヘッド付き)
ドーバー パストリーゼ77 500ml(スプレーヘッド付き)

④菌を増やさない
★前日に作りおきしていたものは必ずレンジで温めるなど、
できたてと同じ温かさに再加熱します
★抗菌作用のある食材を使う
(カレー粉、酢、大葉、梅干し、生姜、わさびなど…)


保冷バックにお弁当と保冷剤を入れると、
お昼の楽しい時間まで安心ですね。(梅雨・夏場)



最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
「最後まで読んだよ~」のお知らせとして、
こちらのバナーを
押していただけると嬉しいです。(^^♪
   ↓  ↓  ↓

レシピブログに参加中♪



 LINE登録していただくと、更新のお知らせが届きます



主にブログの更新のお知らせ、心が軽くなる言葉、
ブログには書いていない日常の事もお話ししています。
Instagram


フォローしていただくと、ブログ更新のお知らせが届きます。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

鈴木美鈴の台所
レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド


Nadia|鈴木美鈴

ここへ来て下さる方へ極力、
詳しくお伝えできるようにさせていただいておりますが、
リクエスト、ご質問等ございましたらご遠慮なくお申しつけ下さいませ。