おはようございます。
ここへ来てくださり、
本当にありがとうございます。


DSC_1020


こちらのバナーをクリックしていただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。
お手数をおかけいたしますが、
応援よろしくお願い致します。
 
たくさんの応援いつも本当にありがとうございます。


DSC_0982




海老とアボカド。とっても相性が良く、色々な料理に使えとっても美味しくなりますよね。


今日のレシピは、海老とアボカドのパイキッシュです。
本来のレシピは、生クリームで作りますが、手軽に作れるように牛乳を使い、とっても簡単に作れるようにしています。

そして、作り置きも可能なので、
お弁当のおかずにもオススメです。


実は、一度作って失敗してしまいましたが、今回は失敗点を踏まえて改良しましたので、ぜひお試し下さい。

DSC_0979



【海老とアボカドのパイキッシュ】
【材料】(18cmのタルト型)
・海老(ブラックタイガー使用) 5〜6尾
●片栗粉 小さじ1
●料理酒 小さじ1
・バター 10g
・玉ねぎ 1/2個
・しめじ 1/2袋(50g)
・白ワイン(又は料理酒) 大さじ1
・アボカド 1個
★卵Mサイズ 2個
★牛乳 100cc
★塩こしょう 各少量
・油(オリーブオイル使用) 少量
・パルメザンチーズ 少量



【作り方】(調理時間・40分)
①パイシートを冷凍庫から出す。海老は殻をむき、
背わたを取り除き●を良く揉み込み、流水で洗い流す。

DSC_0933





②アボカドはさいの目切り、玉ねぎは薄切り、
しめじは石づきを落し小房に分ける。オーブンを200度に予熱する。



③フライパンにバターを入れ中火にかけ、玉ねぎ、
しめじを入れ、しめじがしんなりするまで炒める。

DSC_0935





④ ③に、海老、白ワインを加え、海老の色が変わるまで炒める。

DSC_0940




⑤ボウルに★を入れ溶きほぐし、アボカド、④を加え混ぜ合わせる。




⑥タルト型に油をはけで塗り、冷凍パイシートを置き、
押しながらくっつけ、はみ出た部分を切り取り、フォークで底面に穴を開ける。

DSC_0941




⑦ ⑥に⑤を流し入れ、パルメザンチーズを振りかけ、
200度に予熱したオーブンで25〜30分焼く。

DSC_0944




【コツ・ポイント】
・焼き上がりの確認は、竹串などで真ん中辺りを刺してみて、
何もついてこなければ出来上がりです。
・パイシートを麺棒で少し伸ばすと、形を作りやすくなります。
・粗熱をとって型から取り出して下さい。
・グラタン皿などでも、作る事ができます。


DSC_0994


【保存方法・保存期間】
・密封容器に入れ冷蔵保存で2日
・温め直す時はトースターがオススメです

下記のレシピサイトにて、レシピを保存していただけますので、
直ぐにお試し予定がなくても思い出していただけた時に、
レシピが直ぐに見る事ができます。


海老とアボカドのパイキッシュ

海老とアボカドのパイキッシュ

by 鈴木美鈴

調理時間:60分
Comment

相性の良い、海老とアボカドで焼き上げたキッシュは、濃厚で食べごたえがあります。おもてなしにいかがでしょうか?

このレシピを詳しく見る


最後まで読んでいただきありがとうございます。
「最後まで読んだよ~」のお知らせとして、こちらのバナーを
押していただけると嬉しいです。(^^♪
   ↓  ↓  ↓

レシピブログに参加中♪


肉・魚・野菜の他にご飯・色々使える
万能ダレを含む、120レシピ掲載。
晩ごはんの献立コーデも掲載しております。
作りおきをされない方でも普段のおかずとして
ご利用していただけるレシピや、
素材の味やだしをきかせたやさしい料理も。

盛るだけ つめるだけ 毎日かんたん 作りおき おかず/オーバーラップ

¥1,296
Amazon.co.jp
盛るだけ つめるだけ 毎日かんたん 作りおき おかず [ 鈴木美鈴 ]

¥1,296
楽天

この本をお手に取って下さった方へ
ご質問等ありましたら、ご遠慮なくにコメント、
メッセージして下さいね。



 LINE登録していただくと、更新のお知らせが届きます


主にブログの更新のお知らせ、心が軽くなる言葉、
ブログには書いていない日常の事もお話ししています。
Instagram

フォローしていただくと、ブログ更新のお知らせが届きます。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

鈴木美鈴の台所
レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド


Nadia|鈴木美鈴

ここへ来て下さる方へ極力、
詳しくお伝えできるようにさせていただいておりますが、
リクエスト、ご質問等ございましたらご遠慮なくお申しつけ下さいませ。